配当利回り20%【エコぺトロール】 超高配当米国株は危険? 買い時?

スポンサーリンク
記事内にプロモーションを含むことがあります。

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

投資・スモールビジネス
パパリカ
パパリカ

みなさん。こんにちは! 

パパリカ(@ipirikapirika)です。

本日は驚愕の高配当、利回り20%超を誇る【エコぺトロール($EC)】について解説していきます♪

23.12月現在エコぺトロールは米国株配当利回りランキング5位に君臨する銘柄となっています。

楽天証券HP
いぴりか
いぴりか

5年で元本回収可能な銘柄ということ?

いぴたろう
いぴたろう

高配当すぎて怖い、、、投資して大丈夫?

今回は、そんな疑問を解決・解説していきます。

この記事でわかること♪

・エコぺトロール($EC)とはどんな企業なのか?
・株価・各指数と健全性について
・投資メリット・デメリットについて
エコぺトロールへの投資判断

また、エコぺトロールの様な米国株に投資するのであれば、手数料無料キャンペーン中の【ウィブル証券】がおすすめです。

☆☆米国株投資ならウィブル証券がおすすめ☆☆

・手数料が3ヵ月無料
・手数料が0.275%(最安値)
・為替取引手数料15銭(最安値)
・米国株単元未満株取引可能
24時間リアルタイム取引

祝! 世界中で4,000万DL突破!

スポンサーリンク

エコぺトロール($EC)とはどんな企業?

パパリカ
パパリカ

まずは企業概要についてご紹介です。

エコぺトロールはコロンビア政府系石油・天然ガス企業で、探鉱・生産、輸送、精製及び販売・提供というエネルギーの採掘から販売まで上流から下流までを一手に担う総合エネルギー会社となります。

社名エコぺトロール
ティッカーシンボルEC
英文社名Ecopetrol SA
時価総額26B$(3.8兆円)
上場市場ニューヨーク市場
業種資源・エネルギー
従業員数18,903人

米国市場石油ガスセクターの時価総額21位売り上げ高16位

コロンビア政府系の企業でニューヨーク市場に上場しているということは、高配当で有名なブリティッシュ・アメリカン・タバコ($BTI)などと同じくADR銘柄ということになります。

ADR銘柄とは?

米国預託証券の略。
米国以外の国で発行された株式が米国市場で売買可能な銘柄の事で、世界中からの投資が受けられる為成長性の高い新興国や先進国の有力企業が多く存在します。

日本人にとっての最大のメリットは、外国税がかからない国のADR銘柄は国内株式と同様の税率で配当金等が受取可能。(イギリス・オーストラリア・インド等)

エコぺトロール(EC) 株価推移と配当利回り

EC 12.35 ▼ −2.45% 無題 (tradingview.com)
株価(23.12.13)12.35ドル
利回り20.8%
52週レンジ7.93~12.63
1年トータルリターン54.73%

2009年からのチャートでは、2013年をトップに長期的には下落している状況ですが、底値圏で切り返しボックス相場を形成しています。

ペトロブラス・エクソンモービルとの比較

こちらはブラジル国営のペトロブラス(PBR)、世界トップのエクソンモービル(XOM)と比較したグラブになっています。

3社とも2020年のコロナ禍で70%程度落ち込んでいます。

株価の回復具合では①XOM②PBR③ECという順番で回復しており、ECエトペコロールは一番回復が遅い状況となっています。

しかし配当を含めたトータルリターンにおいては、①PBR②EC③XOMという順番でエトペコロールとペトロブラスが僅差でエクソンモービルを大きく引き離している結果でした。

ECPBRXOM
株価12.35ドル14.50ドル98.05ドル
配当利回り20.8%22.01%3.8%
1年リターン54.73%67.96%-5.44%
23.12.13現在
パパリカ
パパリカ

株価の回復が遅れているECについてはこれから投資するメリットもありそうですね♪

米国株銘柄の最強分析ツール moomoo

米国株に投資している・今後投資しようとしている投資家さんにおすすめなのが『moomoo証券』(ムームー証券)アプリです。

パパリカ
パパリカ

有料級の情報が無料・アプリで取得可能♪

銘柄分析に必要な情報がアプリで完結できます。

米国株分析ならmoomooでアプリ!

エコぺトロール(EC) 配当推移

パパリカ
パパリカ

それではここから配当について解説します♪

現在利回りが脅威の20%ですが配当利回りを考える際には、

・過去の配当推移 ・配当性向

これらを総合的に判断する必要があります。

配当額推移

【過去10年の配当金額推移】

年度配当金
2014年2.67ドル
2015年1.04ドル
2016年0ドル
2017年0.16ドル
2018年0.60ドル
2019年1.78ドル
2020年0.8ドル
2021年0.1ドル
2022年2.26ドル
2023年2.49ドル

過去10年間配当額は定額ではなく、利益に応じた配当性向で配当額が決定しています。配当性向については後述に項を参照ください。

パパリカ
パパリカ

2017年以降毎年配当金が出ています。

毎年20%の配当利回りである訳ではない。】ということがわかりますね。

配当性向推移

【過去6年間の配当性向推移】

過去3年間の配当金成長率が12.9%でした。

本年度の配当性向は39%となっており、数年間利益のかなりの部分が留保されています。

配当利回りは20%を超えているものの純利益の増加率、内部留保の額からすると決して多くない配当額となっています。

・成長指数:10段階中9。
・収益性ランキング:10段階中9。
・2023年売上30%増。
・純利益増加率30%増。

一貫した配当支払い履歴があり、堅調な成長率、健全な配当比率を考慮すると、配当金は長期的に持続可能であると考えられます。

エコペトロールSAの配当パフォーマンスと展望の総合分析 (claytoncountyregister.com)

2024年 配当額 エコぺトロールは無税!

パパリカ
パパリカ

2024年年始に配当支払いが行わています♪

エコぺトロールは旧NISAで30株、特定口座で170株保有していましたが、配当支払い時点では特定口座の損だしでNISA30株のみでした。

30株で30.15ドルの配当受取です。

利回り20%を超える流石の配当額ですが通常米国株では配当額から10%の外国税が引かれます

しかしエコぺトロールはコロンビアの政府系企業なので、米国市場へADR上場です。

その為外国税の影響を受けず、NISAで購入することによって国内の税金も不要となってしまいます。

ADR銘柄なので外国税ゼロ!(通常10%)
NISA購入で国内の税金ゼロ!(通常20.315%)

パパリカ
パパリカ

実質無税で配当を受け取ることができる貴重な銘柄となっています!

エコぺトロールの業績情報

Ecopetrol SA ADR (EC) 財務サマリー (investing.com)

こちらは直近4年間の利益率を示したデータになります。

2020年の配当性向が飛びぬけていたのは、2020年の利益がほぼ0であったからである事がわかります。

2021年、22年はしっかりと利益を出し、財務状況を更に良くしています。

こちらは最新2023年の4半期決算のデータとなります。

パパリカ
パパリカ

概ね良好な推移を示しており12月の決算にも期待できる状況ですね。

エトペコロール PER・PBR

エトペコロールの現在の各指数は以下になります。

PER:5.19 / PBR:0.56

PER・PBRともに割安水準となっていますが、2021年から徐々に切り上げてきている状況です。

エコぺトロール 月足テクニカル指標

指標評価
RSI51.997中立
STOCH75.056買い
MACD-0.11売り
ADX24.63買い
ROC25.355買い
Bull/Bear Power1.716買い
MA20019.25売り
MA5012.25買い
MA511.89買い
パパリカ
パパリカ

月単位でのテクニカル指標では概ね買い指標となっていますね。

☆株式投資なら
  ウィブル証券がおすすめ☆

・手数料が3ヵ月無料
・手数料が0.275%(最安値)
・為替取引手数料15銭(最安値)
・米国株単元未満株取引可能
24時間リアルタイム取引

エネルギー企業 セクターローテーション

米国株市場には11種類のセクターが存在します。

各企業は基本的に11種類のセクターのいずれかに当てはまることになり、それぞれのセクター毎に特徴が異なります。

パパリカ
パパリカ

エコぺトロールは【Energy】セクターに該当します。

セクターローテーションとは、経済状況や景気に応じてセクター全体の業績の傾向が変化する事が知られていますが、エネルギーセクターは景気が後退期に強い≒業績が良くなる。】と言われています。

以下が金利・景気の状態毎の有利なセクターについてまとめた表となりますので、参考にしてみてください。

局面金利・景気有利なセクター
好況期景気が強い
高金利

Industrials:資本財(製造業)
Consumer Discretionary:一般消費財
Materials:素材
後退期景気が弱い
高金利
Energy:エネルギー
不況期景気が弱い
低金利
Utilities:公共事業
Consumer Staples:生活必需品
Communication Services:通信サービス
Health Care:ヘルスケア 
回復期景気が強い
低金利
Financials:金融
Real Estate:不動産
Information Technology:情報技術

エコぺトロールが含まれるエネルギーセクターは後退期に業績が良くなる傾向にあります。

現在の局面は低金利・景気が強い好況期から利上げが続き高金利に変わりつつある状況です。

石油企業の屋台骨である原油価格が落ち着いてきた状況ではあるものの、セクター的には今後有利に展開していく可能性があります。

パパリカ
パパリカ

現在の局面と今後の局面を見極めて先回りして投資することが、よりよい結果に繋がります♪

新興国政府系企業への投資のデメリット

エコぺトロールのような新興国の政府系企業への投資には一定のリスクが存在します。

石油企業であることから原油価格によって業績が左右されるという基礎リスクの他にも、【株主がだれか】という観点でも注意が必要です。

現在のエトペコロールの株主構成比率をみると80%以上コロンビア共和国が保有しています。

パパリカ
パパリカ

ほとんど国営企業と言って差し支えないかもしれません。

過去に国営企業が政府の汚職事件に関与し、スキャンダル発覚→株価暴落というケースが新興国にはいくつも存在します。

2014年には同じくブラジルの国営石油企業であるペトロブラス社が関与した南米最大の汚職事件が発生し、同社の株価は80%以上の大暴落、配当金の停止130億円以上の資産売却という事件がありました。

南米最大の汚職事件:オペレーション・カー・ウォッシュ – Wikipedia

一企業でもスキャンダル、粉飾リスクはもちろん存在しますが、より不透明な新興国の政府内部と深く関わりあっている企業でもあるので一般企業よりそのリスクは高いといえます。

ADR銘柄ということもあり、米国証券取引委員会で厳しく審査されているので一定の担保はありますが、それでも全く問題ないとは言えないので相応のリスクがあることを理解しておく必要があります。

エコぺトロール 評判・評価

パパリカ
パパリカ

ここでエコぺトロールの評判をまとめてみました。

最近ではX(旧Twitter)上でもその評判の高さが伺えるほど注目されています!

こつこつ買い増しをする投資家や、アップル株を売ってエコぺトロールの株に乗り換える方もいらっしゃる様子ですね。

決して安定株ではないので否定的な意見が少ないのが若干心配になります。

パパリカ
パパリカ

やや過熱気味といったところでしょうか・・・

今後の動向に注目です♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エコぺトロールの高い配当とその理由についてご紹介させて頂きました。

一株価格も安くコツコツと積立するというのも投資戦略としてありなのではないでしょうか?

新興国の高配当銘柄ということでそのリスクにも十分注意して投資をすれば、大きなメリットを享受できる可能性のある銘柄だと思っています。

まとめると、

コロンビア政府系石油起企業
2017年から毎年配当、配当性向上昇
最新決算〇財務健全性◎
PBR・PBRともに割安圏内。
成長性◎。新興国リスクあり
ADR銘柄の為、実質無税。

パパリカ
パパリカ

最後までご覧いただきありがとうございました♪

イピリカからのお願い

有益な情報を皆様にお届けする為に日々精進しておりますが、あくまで個人発信による情報となりますので、投資助言ではないことをご理解お願い致します。

あくまで皆様の自己責任にて投資判断を賜れますと幸いです。

情報の精度、確度については誤りがある場合もございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました